さくさくぶろぐ

日々楽しく働いて幸せに生きたいADHDなSakuのブログ。

「ADHDだから」で逃げてたらできなかった経験ができた話

こんにちは!Saku(@xx_spr_saku)です。

 

またもや久しぶりの更新になってしまいました。

が、さすがにそれでもしょうがない、と思うくらいここ2、3ヶ月、心も体もギリギリでした。 本当に辛かったです、仕事。

まだまだ忙しい日々は続いていますが一応ひと区切りついたので、ここらで備忘録としてこの一件を振り返って記録しておこうかなと思います。

 

 

業務過多により心身ともに限界を超えた

とりあえず尋常じゃないくらいやるべきことが多かったです。経験豊富な先輩も「この状況は異常」とのたまうほど。

そんな状況で要領の悪い私が定時に帰れるわけもなく、毎日終電近くまで必死に残業していました。家に着く頃には日付をまたいでいて、寝に帰るだけの生活。しかも寝ようと思ってもなかなか寝付けず。つらかった。

業務時間の問題に加え、精神的なプレッシャーもありました。自分の不進捗で各所に多大なる損害が出ます。ミスると先方への報告や謝罪で上司の頭を悩ませ、業務を増やすことにもなります。そんなことを私はすでに2度やらかしており、「もうこれ以上は迷惑をかけられない...」と追い詰められていました。

もともとうつ病パニック障害の既往もあり、心身ともに丈夫ではありません。それでそんな生活を続けていたら、そりゃ体調も悪化します。ゆるやかではありましたが、頭痛、吐き気、窒息感、微熱が続き、普段めったに出ない鼻血もやたら頻繁に出ました。自分でも「あ、これは私の身体からのSOSだ、限界だ」と感じていました。しかしチーム全体が多忙を極めていて誰かに仕事を託して休める状況ではなく、必死に働く日々。体調不良で何度か休んでしまった時も、結局休日出社。本末転倒。なんてこった。

 

ピーク時にはこんなこともありました。

 

パニック発作寸前で、こりゃまずいと思いました。デパス飲んでちょっと休んだら落ち着きました。

ここまでくると、今までメンタルの安定のためにやっていた認知行動療法も歯が立たたないようで効果はなく、もう会社は休まないとダメだ、と冷静に思いましたし、産業医や仲のいい同期にも休職をさんざん勧められました。

 なんとか乗りきった 

この時、重要なデッドラインまであと数日のタイミングだったので、「あと5日」「あと4日」「あと3日」と、毎日それだけを希望にデパス飲んで這って会社に行っていました。

最後は休日でも上司から「このメールの対応大丈夫?」とか電話が来たり、普段業務に関わらない本部長クラスを引っ張り出したりと大騒がせしましたが、なんとかデッドラインまでに収めることができました。

「もう限界...」と毎日思いつつもなんだかんだでやりきることができたのは、ひとえに環境のおかげだと思います。

まず、直属の上司の仕事に対するスタンスが非常にありがたかったです。

・「できる限りを尽くしてもどうしようもないこともある」

・「大変な状況は笑い飛ばして楽しもう」

・「やらかしたらとりあえず相談に来い、こっちで上手いことカバーしとく」

・「仕事を人にふる余裕がない?じゃあなんでも気軽に頼める人を1人つけよう」

 

一般的な目線で見れば「甘すぎ」「ゆるすぎ」「雑すぎ」なのかもしれません。

普通だったら

・「自分が追い詰められているのは自分で業務を管理できてない自分のせい」

・「大変な時に何笑ってんの?真剣にやれ」

・「大変そうな人に手を貸すのはその人のためにならない」

・「自分でカバーしきれないミスがあったらリカバリープランを含めて詳細を報告しろ」

・「仕事を人に振るのも自分の仕事」

ってなると思うんです。

 

でも大炎上中の時に上に書いたような対応をされてたら、間違いなく私はダメになってたと思うんです。到底完了までこぎつけるなんてできなかった。前者のようなスタンスの上司がいたからこそ、この難局を乗り切れたのだと思います。

上司がそんな感じだからか、メンバーも私の極度の疲弊っぷりを心配して「なんでも仕事ふってくれていいよ」と言ってくれたり(容赦無く仕事ふって後で恨まれました)、茶化しながら毎日お菓子や栄養ドリンクを貢いでくれたり(後でお返し要求されました)しました。ありがたかったです、とても。

 

限界なら逃げていい。でも、まだ限界じゃないなら逃げないほうがいい。

以前、体調不良にもかかわらず耐え続けていたら鬱やパニックをこじらせてしまった経験があったので、それからは

「体調が悪くなったら休もう、辞めよう」

と決めていました。

でも今回は自分で抱えている爆弾が多すぎて「自分が倒れたらプロジェクトが破滅する」というプレッシャーがあり、体調不良になってからも休む、辞める、という決断ができませんでした。笑

でも今振り返ると、それで正解だったと思います。

 この一山を乗り切った経験は確実に自分の経験になったし、少なからず自分の自信にもなりました。

あと、職場の雰囲気、風土の重要さを身を持って感じました。ただ楽しく働けるだけでなく、こんなにも人の限界を大きく左右するんだなぁ、と。文字にするとなんとも当たり前のように思えますが、部下がいない立場であっても、職場にいる限りは自分の醸し出す雰囲気が職場に影響を与えていることを心に留めておこうと思いました。

 

なにより、またこの職場に戻る決断をしてよかったな、と思います。

だいぶ前の話になりますが昨年ADHDの診断を受けて休職した時、復職して以前と同じ仕事をする自信がなく、障害者枠で働くべきかと悩んで、障害者を対象とした就職セミナーに足を運んだりもしました。

今だから言える話ではありますが、この時復職を選んでよかったです。多分、業務量的にこれほどまでに追い詰められる経験は障害者枠ではできなかったと思います。

障害者であれ定型発達であれ、誰しも激務を経験すべき、とは全く思いませんが、少なくとも私は今回の一件で学んだことがありましたし、一度殺されかけるとその後難局に出会っても大したことないと思える気がするので、そう言った意味でも貴重な経験だったと思います 笑

限界だったらそそくさと逃げるべき。でも、限界を見誤ると成長の機会を逃す。

 

ADHD」を決断の理由にしない

 

ADHDの診断を受けてからTwitterで当事者の方とつながり、自分に似た境遇の人とたくさん出会って、

「できない自分、うまくいかない自分でも受け入れてもらえる場所がある」

と気づき、安心するとともにとても心強く感じました。

この、自分がどこかに所属しているという帰属感やそれによりえられる安心感は診断を受けてよかったことの一つだと思います。

でもそれにより心のどこかで、

「できなくてもしょうがない」

「ダメでも許してもらえる」

というよろしくない気持ちがも生まれてしまった気がします。

口では「ADHDでもあきらめない!」とか「対策大事!」とか言ってましたし、もちろんそれは本心ではあるのですが、それは多分自分の中の甘えを自覚したからこその反応なのだと思います。

もちろん、脳の特性として苦手なことがあり、それを認めることや、しなくて済むように方向転換することは大事です。 

でも、ADHDを免罪符に、頑張るべき時に逃げないように。

 自分の特性も現実もすぐに変えられるものではないけれど、日々ゆるゆると邁進したいなと思います。

 

 

...おかしいなぁ。いつも書き終わると暑苦しい記事になってしまう。

この哀れなくらい必死な姿が、どこかで誰かの頑張る気持ちに繋がったらいいな。

とりあえず、あと1日お休みがある幸せを噛み締めて、今日はアイス食べて思う存分だらだらしよう 笑

 

日々健やかに。

 

 Saku

 

Twitter

たいしたことはつぶやきません。

‪発達障害者は企業勤めに向いてない?私がそれでも企業で働く理由‬

こんにちは!Sakuです。

だいぶ更新がご無沙汰になってしまいました。仕事に忙殺されていました。

 

私は一般企業の総合職でクローズ就労をしていますが、残念ながら私のADHD特性と仕事内容が合致していないからか、仕事ができないポンコツ社員として働いています。

ただでさえ仕事がうまく進まないのに、ここ数ヶ月はプロジェクトの立ち上げで業務量が多くて、毎日あっぷあっぷしています。しんどいです、仕事。

 

そんななかで、たまに、いやしょっちゅう、

「なんでわたしはこんなに頑張って仕事をしているんだろう」

「実家暮らしだし、こんなに働かなくても生活していけるんだけどなぁ」

という疑問が頭に浮かぶことがあります。

ただ今すぐに転職したり環境を変えたりする程の業務上の障害はないですし、

とりあえず今そんな余裕がありません。そんな余裕が出てくるのかも謎です。

 

ということで、今回は自分の今の環境を合理化するために

「私がなぜ向いてないらしい企業務めを今しているのか」

を書いてみたいと思います。

 

 

発達障害と仕事

 

発達障害のある人は、本人の努力や心がけをもってしても定型発達の人に合わせることが難しい場面に日々遭遇しているんじゃないでしょうか。

 

ADHDの診断を受けている私も、

・とにかくケアレスミスが多発する

・目の前に用意した資料を入れ忘れて封筒に封をする

・はさみやホチキスなどふいに借りたものを返し忘れる

・頭の中にちょっとしたタスクを保持できない(「○○さんがきたら伝えといて!」に対応できない)

・提出期限や締め切りを守るのが苦手

・先を見通して今これをやっておく、という行動ができない

・パソコンのポップアップウィンドウやメールの通知でいちいち気が散る

 

などで困っています。

 

その他、

・周囲の環境(雑音や人の話し声、温度、匂いとか)に敏感

・その場の雰囲気、状況に合わせた行動が苦手

・自分のやり方やこだわりを曲げられない

のようなことで困っている方もよく見られますね。

 

そんなことからなのか、発達障害の人の働き方について

「定型発達に囲まれる企業勤めは向いてない」

フリーランスでルールに縛られずに働くのが向いてる」

「ひらめきや瞬発力があるから起業すべき」

なんて言われてるのをたまに目にします。

 

確かに、わたしも企業勤めって向いてないなって思います。

会社の規則や業務の手順、マニュアルやルールが腐るほどあるし、自分の担当業務のスケジュール管理は自分でやらなきゃいけないし。

企業勤めなら必ず今あげたような業務があるというわけではないですが、事務仕事って特にクローズ就労だとせざるを得ないですよね。

とにもかくにも圧倒的に注意力不足なタイプのADHDなので、書類の不備が一番困ります。誤記と漏れと重複のオンパレードです。MECE?なにそれおいしいの?

 

でも仕事を選択する自由は誰にでもあって、必ずしもその仕事をしなければいけないわけではありません。企業に所属せず、フリーランスや起業して、あるいはアルバイトで生計を立てている方もいるでしょう。

 

それでも私が企業で働く理由

私はクローズ就業で総合職として働きはじめて、丸3年が経ちました。

 

決して楽ではなくギリギリのところで働いているわけですが、なぜ今この仕事を続けているのか考えてみました。

フリーランスや起業で稼いでいけるほどの突出した能力、経験がない

・でも安定したそこそこの収入が欲しい

 ・忙しくて転職を真剣に考える余裕がない

 

なんかマイナスで逃げの理由ばかりですね。笑

でもその心の奥底に、なにか大きな理由があるみたいなんです。

  

苦手なことに取り組むのもたまには楽しい

中には自分の特性を活かして定型発達以上に活き活きしてる方もいますが、発達障害にありがちな脳の機能の偏りは企業で働くうえでハンデになるし、ましてやただ生きるうえでもハンデだと思っています。

 

でも、そういうハードル高いシチュエーションってちょっと燃えるんですよね。

ほんとに毎日上手くいかないことばっかりだし、9割つらいです。

でもその分、試行錯誤してちょっとでも上手くいくと嬉しいし、やりようによってどうにかできることもまだまだあるんだなってちょっと希望が見えることもあったりします。

失敗しても、「原因はこれだなぁ」「こうしたら上手くいくんじゃないか」と次の一手を考えてワクワクしたりもします。

足の悪い人が山登りしたっていいじゃない。 

 

ただ自分のプライドのため 

企業勤めしてる発達障害の方の中には、学生の時はそこまで問題にならなくても、社会人に出てから仕事がうまくいかず、二次障害になったことをきっかけに診断を受けた方もたくさんいると思うんです。

かくいう私もそのパターンです。

 

良くも悪くも二十数年間を「定型発達者」として生きてきたからか、

実はまだ、自分が「ADHD」と診断されるに値するのか、若干の疑問や抵抗感が残っていたりします。

常日頃、診断に対して前向きなことを言ってるのに矛盾しててすみません。

 

ADHDの傾向が大いにあってそれによって社会との不適応を起こしているということは自分でも分かっているし、

3箇所のクリニック、病院で診断を受けていて、診断が妥当なのも理解しています。

 

ただ、悔しいんですよね。

ADHDだから、ってやりたいことを諦めたくない。

ADHDでも、やりようによってはクローズでも働けること、そしてそこそこ仕事を楽しめるってことを証明したい。

誰に何を訴えたいわけでもないです。他の発達障害のある方に「あなたも頑張って!」なんていうつもりも毛頭ないですし、そんなのは一種のハラスメントだと思ってます。

ただ、自分の満足のため、言ってしまえば自尊心のためなのかもしれません。 

診断を機に自分にあった仕事や、負担の少ない仕事に転職するのも大事な選択肢の一つです。でも私はもうちょっと、できるところまで頑張りたいなって。

私はADHDかもしれないけど、ADHDが私の全てではないことを常に心に留めておきたい。

 

まとまらないまとめ

なんだかずいぶんやる気満々で暑苦しいことを書いてしまった気がします。根性論ってあんまり好きじゃないんですが。おかしいなぁ。

 

保身のために書いておきたいのですが、私は過去にうつ病パニック障害になったこともあり、メンタルがひよわです。ストレスがすぐ体調に現れます。今はなんとか限界を下回らない程度にはコントロールできていますが、限界を超えたら転職とか言わずにとりあえず仕事はやめる覚悟です。笑

 

きっと素晴らしい業績を残して表彰されたり、同期を差し置いて昇進したりはできない。けど、どうせ働かなきゃいけないなら、自分で納得のいく働きがしたいな。

 

今日も一日健やかに。

 

 Saku

 

Twitter

たいしたことはつぶやきません。

寝る前にお風呂に入れるルーティーンタスク管理術

 

こんにちは、Sakuです。

 

いきなりですが、こんなものを作りました。

f:id:saku-xxx-spr:20170218221859j:plain

 

< これなに? >

夜帰宅してから寝るまでにやることをパッと見て実行に移せるよう並べた、名付けてルーティーンタスクボードです。

 

上から

着替え、

夕食、

入浴、

レシート入力、

カバンの中身整理、

日記記載、

を示しています。

 

各タスクが終わったら裏返していくのですが、裏返すとこんな感じ↓

 

f:id:saku-xxx-spr:20170218224957j:plain

 

「Great!(すばらしい!)」「Well done!(よくやった!)」とか書いてあって、タスクが終わるたびに幸せ度が5%上がる仕様です。自分で仕込んだものでも、褒められたら嬉しいですよね、うん。うん?

 

< 寝るまでが一苦労 >

なんでこんなものを作ったのかをちょっと説明しますと。

わたしは元々何をするにも動き出すのが億劫で。ケータイをいじったりテレビ見だしたりダラダラモードに入ると、なんか全てが面倒になって、動けなくなっちゃうんですよね。

 

特に苦手なのが、学校や仕事から帰ってきてから寝るまでの準備。

 

着替えて、

コンタクトを外して、

メイクを落として、

お風呂入って、

歯磨きして、

っていう普通の人が簡単にできるっぽいことがなかなかできなくて。

帰ってきてベッドに吸い込まれるように横になったが最後、

「着替えなきゃ...」「お風呂入らなきゃ...」

と思いながら気がついたら朝。

服も化粧もそのまま、コンタクトも付けっ放で、シャワーも浴びなきゃなのに時間もギリギリで

「ああもうこのまま消え去りたい」と憂鬱な気分になることがもはや日課になっていました。

 

毎回「今日こそはちゃんとする!」って思うんだけど、結局帰ってきてそのままベッドに倒れて気づいたら朝、という繰り返しなんですよね〜

 

< できるようになったよ >

「どうして誰でも当たり前にできるような簡単なことができないんだろう」

「なんて怠け者で意志薄弱な人間なんだろう」って物心ついてから診断を受けるまでの十数年間、ずっと思ってきた気がします。

 

でもADHDの診断を受けて、それがADHDの「先延ばし癖」や「過集中による疲れやすさ」からきてるものらしいと分かってからは、

やるべきこと、やりたいことが徐々にできるようになってきました

まだまだやろうと思ってできてないこともたくさんありますが...!

でも少なくとも寝るまでルーティーンは全然苦じゃなくなりました。

 

寝る準備ができなくて困ってる方、どうか諦めないで欲しいです 笑

 

< それ、見た目気に入ってますか?>

 

対策の1つとして、

やることリストを表にして終わったらチェックつけたり、

マグネットシートにタスクを書いたものをホワイトボードに貼って終わったら裏返したりしてみたんですが、あまり続かず。

 

なんでかなって考えたら

いかんせん見た目がイケてない! 笑

 

ADHDの特性の1つだと思うのですが、わたしは「意識すべきものに意識を向ける」ことが苦手みたいです。

テーブルの真ん中に置いても、感覚的に気に入るもの、目を惹くものでないと視界に入らないし、忘れ去ってしまいます。

 

タスク管理するにあたって機能性もとても大事ですが、わたしにとって、

「デザインが気に入っているか」

がとても大事だったんですね。

 

「対策してもなんか続かないんだよね」って方、もしかしたらそんなところに落とし穴があるのかもしれないです。

 

なんでできないか、続かないかって、同じADHDでも人によって全然違う。だから、自分にうんざりしたり、諦めそうになったりしつつも、考え続けることが大事だなって思っています。ちょっとずつ頑張りたいです。ちょっとずつ。

 

< 要するに >

ってことで、ちょっとおしゃれでインテリアとしてもいい感じなルーティーンタスク管理グッズを作ってみましたという話でした。

 

作り方の紹介と、そのまま印刷して貼れる画像のアップもしたかったけど長くなってしまったのでまた今度にしますね。

ちなみに材料は3点、全て100均です。100均ありがたい。

 

ではでは。

 

 

ー補足ー

ロゴは以下のフリー素材のサイトから使用させて頂きました。

Free vector icons - SVG, PSD, PNG, EPS & Icon Font - Thousands of free icons

 

Twitter

たいしたことはつぶやいていませんがもしよろしければ。ブログ更新のお知らせもします。


 

 

 

 

はじめまして

このブログを見ていただきありがとうございます。Sakuと申します。 

普段はもっぱらTwitterで日々のいろんなことをつぶやいていたのですが、「140文字では発散しきれない!」「もっと気の向くままに思ったことを書きなぐりたい!」と思い、ブログにしたためていくことにしてみました。

 

<大人のADHD> 

いきなりですが、私は社会に出てから発達障害と診断された、いわゆる「大人の発達障害です。発達障害の中でも、ADHD注意欠陥多動性障害)」と診断されています。

 新卒で今の会社に入社してからというもの、小さい頃から苦手だった注意散漫さや時間管理、スケジュールの把握がどうにもこうにもうまくいかず、日々怒られまくりまして。

どうにもこうにもうまくいかず心と体の調子を崩したときにたまたまADHDを知り、「これってそのまんま私のことだ…!」と疑いをもって、診断を受けるに至りました。

 

その後会社を休職しましたが、現在は元の職場に復帰して総合職としてそこそこ残業しつつ週5で働いています。

日々働いていて感じたことをつらつら書いていきたいです。

 

<仕事内容とか> 

仕事内容についてあまり詳しいことはお話できませんが、医薬品関係の仕事をしてます。たまに病院やクリニックを訪問して、医師や看護士、製薬会社の方とお話ししたりしています。

ADHDの薬の開発をしている友人からいろんな話を聞いたりする機会もあったり。

当事者ではありますが、そっち側の目線でそのあたりの話もおいおい書いていけたらいいかなぁ~なんて思っています。

 

…いや、多分そんなに真面目な話はしないです、きっと。笑

ただその時その時に思ったこと、考えたことを吐き出して整理していきたいです。

残念ながら、おそらくみなさん役立つ情報は提供できません。期待しないでください。笑

 

<おわりに>

ちなみにたまーにTwitterで生い立ちや診断の経緯など訊かれたことがあったので、簡単にプロフィールに書いてみました。過去にうつ病パニック障害だったこともあるので、「あら私も!」みたいな方はよかったら覗いてみてくださいね。

 

なにか質問やリクエストがあれば可能な限りおこたえしていきたいなぁと思っています。返信のお約束はできませんが。お気軽にどうぞ

 

では!

 

Twitterアカウント:https://twitter.com/xx_spr_saku